【マイルの価値を知ろう!】マイルって本当にお得なの?

2020年 令和時代

マイルだけでなく、Tポイント・楽天ポイント・dポイントなどなど…

『お得』に生きることが大好物な、どーーーーも、そらいちです✈

 

社会は、ポイント、キャッシュレス、キャッシュバックによりさらに複雑化し、複雑化にともなって抜け道を利用して稼ぐ人も増えてきましたね。笑

 

システムを上手く使うのは大好物ですが、システムを利用してズルく稼ぐ事はなくなって欲しいですねー。

(コロナの影響で… イベントチケットをキャッシュレスのキャンペーンを使って○%OFFで購入し、イベント中止により定価分の現金がキャッシュバックされる。そうすると、○%分はお金が増えます。。ボソッ)

 

さぁ今日は、そらいち✈が

マイルって最高だよー\(^o^)/

と推奨する理由についてです。

 

 

Tポイント・楽天ポイントの価値は?

あなたもTポイント、楽天ポイント、いろ〜んなポイント持っていますよね?

有効活用できていますか?

 

そらいちは、

Tポイント、楽天ポイントなどなどの各ポイントもマイルに交換したりします!

 

Tポイント、楽天ポイントなどの使い方

基本的には、1ポイント=1円として、買い物の時にポイントを使って支払ったりしますよね。

 

ポイントが貯まるっていうことは、その分だけ安く購入できたっていうことですもんね。

100円決済=1ポイント=1%OFF ≒ 99円で購入

ポイントを貯めない人よりは、その時点で優位に立てていますね♫

 

上の例では、【1%分の価値】となります。

では、コレ以上に『お得!』な使い方は思いつきますか?

 

2020年流行りのポイント投資

Tポイントや楽天ポイントで投資ができる時代になっちゃいました。

株や債権を買えるということですね。

 

しかも!

株を、証券会社を通して購入するとなると、100株単位でしか買えなかったりします。

(1株=300円 の株であれば、最小単位が30万円から)

なかなかハードルが高かったのが実際のところでした。

 

しかし、令和時代のいまでは

【ポイントを使って】、【1株単位から】購入できるようになりました。

 

だいぶ投資としてのハードルが下がり、流行っているように見えるのですが…

 

コチラも【1ポイント=1円】として使っているのに何ら変わりはありません。

(ポイント投資するなら、現金で投資してもいいと思うのは気のせい?ボソッ)

 

Tポイント・楽天ポイント⇒ANAマイルの交換効率は?

ここでマイルの搭乗です!

あっ、変換ミス。。。 登場です!!✈

 

Tポイントも、楽天ポイントもマイルに交換していくのですが、交換率をみていきます。

 

Tポイントサイトより:

楽天PointClubサイトより:

Tポイント 500pt = ANA 250マイル

楽天ポイント 2pt = ANA 1マイル

数字としては、半分(50%)になるということですね。

 

逆に、マイル⇒他のポイントへ交換しようとすると

 

ANAサイトより:

ANA 1マイル = Tポイント 1pt

ANA 1マイル = 楽天ポイント 1pt

 

なので、

Tポイントや楽天ポイントからANAマイルに交換すると、半分の価値(50%の交換効率)になってしまうように見えますね。

 

ココで「じゃぁもったいないから辞ーめた。」という人がほとんどじゃないかな!

 

1マイルの価値を知ろう!

ANA 1マイル = Tポイント 1pt

ANA 1マイル = 楽天ポイント 1pt

 

上記より、1マイル=1円の価値が最低でもあると言えますよね。

 

ですが、

僕らは1マイル=1円分ではマイルを使いません(^^)/

 

当ブログ内ではいろいろな記事に登場して来ると思いますが、

【1マイル=○円分】 とマイルは価値を増幅させることができるのです!

 

1マイル=2円以上になれば、マイルに交換することが得となる!

Tポイント 500pt = ANA 250マイル

楽天ポイント 2pt = ANA 1マイル

 

先程確認したとおり、Tポイント、楽天ポイントをマイルのすると半分(50%)になりました。

 

であれば、

【1マイル=2円以上】 として使うことが出来れば、【1ポイント=1円】でポイントのまま使うよりもお得になるということです。

 

頭が混乱しそうなので、もう一度。

 

1マイル=2円以上として使えば、

Tポイント 500pt < ANAマイル 250マイル(500円以上相当)

となるのです!

 

1マイルの価値を高める使い方

例えば、今年2020年5/5のGWにみんな大好きハワイへ行きたいとしましょう✈

 

A)必要マイル数を確認する

マイルでは、世界をZONEで分けている。

日本〜ハワイへは、ZONE1〜ZONE5となる。

B)シーズンを確認する

GWはもちろんハイシーズンになる。

 

C)必要マイル数の確認

せっかくなのでビジネスクラスで行くとなれば、

【68,000マイル】が必要だということですね!

 

D)普通に航空券を購入するといくらか?

ANA航空券をこの条件を入れて検索してみよう!

日本〜ハワイホノルル

往復 322,770円!!

 

68,000マイル = 322,770円

1マイルあたり=4.74円の価値 となりました。

 

1マイル=4.74円相当に!それ以上に!

いかがでしょうか?

Tポイント 500pt = 1,185円相当(250マイル×4.74円)

これならTポイント【1pt=1円】で買い物するよりお得になりますよね?(^^)/

 

今回の例のように、ビジネスクラスなどを使うほど、1マイルの価値は高められます。

 

エコノミー < ビジネス <ファーストクラス

 

一番マイル価値を高めるとすれば、『世界一周航空券』です\(^o^)/

 

 

ちなみに

今回の例で、ビジネスクラスではなくエコノミークラスにすると

☑必要マイル数:43,000マイル

☑ANA航空券: 87,770円

 

【1マイルの価値=2.04円相当】になるので、

Tポイントや楽天ポイントを【1pt=1円】で使うのと大差なくなってしまいますね。

(Tポイント、楽天ポイント1pt=0.5マイル(50%)で交換しているので。)

 

まとめ

Tポイント、楽天ポイントなど

1ポイント=1円でも貯めることは素晴らしいことです。

 

そして1ポイントを効率よく使おうと思った時に、マイルに行き着きました。

 

流行りのポイント投資も面白いですが、株を同じく【1ポイント=1円】として購入し、2倍、3倍、4倍のすることはとても大変ですよね。

 

マイルであれば、

【2ポイント=1マイル】(50%)でも、

【1マイル=4円相当】で使えば、

【2ポイント=4円】となり、

【1ポイント=2円】と2倍以上の価値を生みます!

 

遠くの国まで行ったり、ビジネスクラス、ファーストクラスに乗ったりするのは人それぞれだと思うので、一概にマイルへの交換が絶対だというつもりはありません。

ひとつ、こういう考え方、使い方もあるんだなと知っておくことはいいと思います。

 

そらいちの主張

なので、

Tポイントも、楽天ポイントも、dポイントも、貯められるものはどんどん活用して、人生お得に生きちゃいましょー\(^o^)/

ということです!

ABOUTこの記事をかいた人

壱川ふみや

「おれ、こんな未来を描いてたっけ?」人生の違和感を感じサラリーマンを飛び出した。こんな余剰便利な時代、おいていかれないよう使いこなし賢くカッコよく自由に生きていくことを決意。やりたいこと、家族の幸せを最優先し、こんな時代の生き方を提案。