投資の教科書

 

どうも、壱川です。

 

今日は、投資についての基礎的な考え方をお伝えします。

 

 

まず、あなたは

投資と言ったら、何を思い浮かべますか?

 

・株?

・投資信託?

・債権?

・仮想通貨?

・FX?

 

こんなところですよね?

 

 

では、まだ知識が浅いあなたに、オススメな投資は何でしょうか?

 

 

知識がないので、しょうがない。

 

利益は小さくても、

証券会社や、金融会社のプロが運用してくれる「投資信託」を選ぶのが無難ですね。

 

ちょっと待った!

 

 

金融会社の営業マンを信じてはいけない

 

知識の無いあなたは、

ほぼほぼの確立で、

証券会社や金融機関の営業マンに、投資信託を勧められると思います。

 

 

しかし、幾ら性格の良い営業マンと言えど、

ノルマが課せられていることに気付いてください。

 

会社側は、儲かる商品のノルマを営業マンに課します。

 

ようは、営業マンは、

何処かで、会社が儲かる商品を売らなくてはならないのです。

 

 

リスクとリターンを知る

 

一般的な年利を知り、どのような投資を選ぶかイメージしましょう。

 

・株式 年利3〜5%

・投資信託 年利2〜4%(手数料がかかる)

・債権 年利0.3〜4%

・FX 年利1〜15%

・MRF(マネーリザーブファンド)利回り14倍

 

もちろん、

利回りが良いものには、リスクも付きものです。

 

 

ウォーレン・バフェットの教え

 

伝説の投資家、ウォーレン・バフェットの言葉から学びましょう。

 

① 非常に低コストなインデックスファンドに投資すれば、

同時に投資を始めた90%の人より良い結果を得るだろう。

 

② 10年間、株を持つ気持ちが無いのなら、

10分でも、株を持とうとは考えないことだ。

 

 

まとめ

 

投資とは、

長期に渡って、使う予定のないお金の運用であり、

ハイリスク・ハイリターンで、利益を短期的に得ようとするものではない。

 

 

この事は、

「投資」と「投機」の違いであると言えますね。

 

 

・勧められるがままより、自分で情報力を付けること。

 

・すべてはバランスの上で、リスクを取って、基本は長期運用を考えること。

 

 

しかしながら、この世の中にはチャンスと言うものもあります。

 

このあたりは、また別記事に載せていきたいと思います(^ ^)

 

 

 

 

 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

リベロ

年収400万円の建築監督の仕事におもしろさを見いだせず25歳で無職に。その後ネットビジネスを始めるも次々に挫折。。3年がたち…昔お世話になった社長に誘われたフルコミ営業で年収1000万を達成。また懲りもせずネットビジネスをやり始め2つ目3つ目の収入源を構築。もっとおもしろく上手に生きていくサロンを作っている。