リサーチ時の強力な武器「拡張機能」を追加しよう

 

どうも、リベロです。

 

・Amazonのページの見方

・モノレートの画面の読み方を覚えたら

 

強力な武器、「拡張機能」を追加しましょう!

 

※基本として、インターネットブラウザは

『GoogleCrome』を使いましょう!

 

 

拡張機能とは・・・

 

GoogleCromeに、自分流に追加していける武器のようなもの。

平たく言えば、オプション機能ですね。

 

 

星の数ほどある、拡張機能から、

僕がオススメするものをピックアップしてお伝えします。

 

(オススメ以外にも、もっともっとあるけれど、

ページ表示が重たくなって、億劫になったら元も子もありません。)

 

 

まずは、追加の仕方です。

 

① GoogleCromeの画面で、右上の”点が3つ並んでいるボタン”を押します。

② 「その他のツール」を押し

③ 「拡張機能」を押します。

 

 

画面が変わったら、一番下へスクロールしてください。

 

④ 「他の拡張機能を見る」を押します。

 

 

また、画面が変わったら、

 

⑤ ここで、”入れたい拡張機能”を検索していきます。

 

 

 

オススメ拡張機能

 

①モノサーチ

 

この拡張機能は、

Amazonページを見た際に、

 

■他のネットショップの値段を表示する。

 

■他の必須機能へワンクリックジャンプ出来る。

(ネットショップだけでなく、モノレートや、FBA料金シュミレータにも)

 

 

 

 

 

 

検索の時短と、検索の効率化をしてくれる、

素晴らしい拡張機能です!!

 

 

この機能だけで、

過去に販売したものや、Amazonランキングを見ているだけで、

安く売っているネットショップが見つかることもあります。

 

最高です\(^o^)/

 

 

そして、毎回ここから「モノレート」を開いたら・・・

 

 

 

②モノゾン

 

この拡張機能は、

モノレートの商品画面を開いた時、

 

■過去3ヶ月の、『新品と中古』の売れた数を表示してくれます。

 

モノレートのランキンググラフだけでは分からない、

売れたのが『新品なのか中古なのか』を明確に教えてくれるんです。

 

(モノレートの見方がまだ曖昧な方は、別記事で学んで行きましょう!)

 

 

例えば、

「ほぼ新品」のコンディションで出せば利益が出そうだけど、

炊飯機なんか中古でも需要があるのかな?!

 

 

こんな時に、中古でも月に2〜3個売れていれば、

安心して仕入れに踏み切れるといった事が可能になりますね。

 

 

 

まとめ

 

まだまだ使い勝手が良く、武器になる拡張機能はあります!

 

色んなレポート等を学んで発見し、

実際自分で使ってみて、武器になるモノを選んでいったら良いと思います。

 

 

※今まで使えていた拡張機能が、

急に使えなくなったということも過去に何度もありますので、

当記事についても、使用の変更等はご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

リベロ

年収400万円の建築監督の仕事におもしろさを見いだせず25歳で無職に。その後ネットビジネスを始めるも次々に挫折。。3年がたち…昔お世話になった社長に誘われたフルコミ営業で年収1000万を達成。また懲りもせずネットビジネスをやり始め2つ目3つ目の収入源を構築。もっとおもしろく上手に生きていくサロンを作っている。