ABOUTこの記事をかいた人

壱川ふみや

「おれ、こんな未来を描いてたっけ?」人生の違和感を感じサラリーマンを飛び出した。こんな余剰便利な時代、おいていかれないよう使いこなし賢くカッコよく自由に生きていくことを決意。やりたいこと、家族の幸せを最優先し、こんな時代の生き方を提案。