副業から本業にしていく為に必須の「起業家の◯◯」とは?

どうも、リベロです。

※写真の人物は、僕ではありません。(わかってるわッッ✋)

ツッコミ、ありがとうございます。

 

「ヨッシャ!起業しよう!」

そう、思い立ったサラリーマンさん。

 

ちょっと待ちぃぃぃ!!

 

本当にそのままで大丈夫ですか??

そこには陥りやすい落とし穴がある・・・!?

 

 

今回は、

『誰もが落ちる、起業当初の落とし穴』

ついてお伝えしていこうと思います。

 

 

起業当初に落ちる、落とし穴の正体は?!それは。。。

 

脱サラして起業したはいいものの、なかなか上手くいっていない・・・

 

起業1年目の個人事業主が陥っている穴、

 

それは、、、

 

「自分でやる」と、決めてしまっていることです!

 

僕も、ここから這い上がってくるのに、

長い月日を要しました。。w

 

 

落とし穴にハマってしまう、その理由とは?

 

人が何かを始める時、一番最初にすること。

それが、「教えてもらう」ということです。

 

 

私たちは、両親から言葉を教えてもらい、話せるようになりました。

 

学校では先生から勉強を教わり、

会社では上司や先輩から仕事を教えてもらってきたはずです。

 

誰からも教わらずに、できたわけではないですよね。

 

 

そうです。

何かを始める時には例外なく、「教えてもらう」ことから始まります。

 

なのに、「起業」となると、、、

なぜか自分でやろうとしてしまう。

 

 

それはなぜか?

 

その理由として、僕が思うことは以下の2つ。

 

理由その1:今までの経験があれば大丈夫!!という勘違い

 

これは、

サラリーマンとしての今までの職歴や培ってきた経験を元に、

起業できそうだと”錯覚”し、脳が勘違いしてしまうことです。

 

今までやって来れたのは

「会社」という塀の中にいて守られていたから。

 

にもかかわらず、

どういうわけか1人でやってきたと勘違いしてしまうんでしょう。

 

こういう方は、とても多い・・・。

 

でも、

実際は「勘違い」でしかないので、

塀から一歩外へ出た時に、初めて自分の実力を思い知ることになります。

 

理由その2:起業家たちが存在する“環境”を知らない

 

そもそも、サラリーマンと起業家は、属している環境が違うということです。

 

同じ環境にいないということは、接点がないということ。

 

つまり、

起業家と接して学ぼうにも、どこにいるのかわからない、

見つけられないということになります。

 

 

その結果、「自分でやる」という選択肢しかなくなってしまいます。

 

 

同僚・同期の中に起業家はいますか?

 

恐らく、いないと思います。

 

そこは、サラリーマンが属している環境な訳ですから。

 

 

サラリーマンは、

あくまでも従業員であり、会社組織の中に属します。

 

それに対して、起業家は組織を創る経営者です。

 

仕事の内容・立場が全く違うことからしても、

同じ環境には存在しないことは明らかですよね。

 

交流の機会がないのも当然です。

 

 

では、起業家が存在する環境を見つけるためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

起業家の存在を知るには。

 

1.興味が湧いた人へ、コンタクトを取る

 

今では、多くの方が利用している、SNS等のソーシャルメディア。

 

インターネットが普及している今、気軽に誰とでも交流をはかれるようになりました。

 

それこそ、ひと昔前までは、

雲の上の存在というくらい、手の届かなかった有名人とでさえ、

コミュニケーションがとれる時代です。

 

 

こういったメディアを利用して、

すでに成果を出している人にアプローチしてみましょう。

 

実際に会う機会を得られるかもしれませんし、

紹介していただけるかもしれません。

 

 

しかし、

 

有名人とコミュニケーションが取れるようになったとはいえ、

急にアプローチしても、返信してもらえる確率はごくごく低いでしょう・・・。

 

 

なので、最初にアプローチする相手は、、

「自分より、『少し』先を行っている人」

がいいでしょう。

 

 

そして、自分の考え方や価値観が似ているかどうかもポイントです!

 

 

 

2.知り合いの知り合いで見つけ、紹介してもらう

 

あなたの周りに、ダブルワークをしている方はいませんか?

 

もしいらっしゃるのなら、

その人にどんなジャンルの起業家とつながりがあるのか、聞いてみるのもいいですね。

 

知っている人の紹介であれば安心ですし、話もスムーズに進めることができます。

 

はじめの一歩を踏み出すことは、なかなか勇気のいることですからね。笑

 

 

ただし、ここでも先ほどと同様に、

自分の考え方や価値観が、似ているかどうかは判断するようにしましょう。

 

 

3.セミナー等に参加する

 

ここでは、事前に

「考え方や価値観が似ている人が参加している」

ということが分かっているのが前提となります。

 

 

やみくもに参加しても、

そこで出会った人から、自分の意にそぐわない環境に誘われたり、

窮屈な思いをして辛くなってしまうこともあるかもしれません。

 

 

ということで・・・

まずは前述の1か2がオススメです。

 

 

結論:考え方や価値観が合う人を見つけろ!

 

会社勤めのサラリーマンは、

決められた範囲の中だけでしか行動していません。

 

それゆえ「考え方や価値観」といったものは軽視されやすくなっています。

 

 

ですが、

起業家はそれぞれが独立しているので、

 

地域性やグループ属性ではなく、

「考え方や価値観」という部分で、深く繋がっています。

 

 

これから起業していこうと思っているのであれば、

外的要因ではなく、

「考え方や価値観」という部分で繋がれる存在を見つけていきましょう!

 

 

 

まずは、

「自分より、『少し』先を行っている人」へのメッセージ!

 

お待ちしています^ ^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

リベロ

年収400万円の建築監督の仕事におもしろさを見いだせず25歳で無職に。その後ネットビジネスを始めるも次々に挫折。。3年がたち…昔お世話になった社長に誘われたフルコミ営業で年収1000万を達成。また懲りもせずネットビジネスをやり始め2つ目3つ目の収入源を構築。もっとおもしろく上手に生きていくサロンを作っている。